活動報告

国会

衆議院議院運営委員会

本日の13時から衆議院・議院運営委員会。
新型コロナに関する政府報告を国会が受け、各会派による確認のための質疑が行われました。
今回、私が指名されたため、短い時間(持ち時間は2分)でしたが質疑。
短いため質問を厳選し、言葉も整理した上で4問の質問を行いました。
NHKの中継も行われていたため、多くの皆さまから「見たよ!」と反響が。
突然の質問のため、昨日から準備が大変でしたが無事に終わってホッとすると同時に、私が伝えた問題意識を政府がどのように受け止め、政策に反映するのかをしっかりチェックしていきたいと思います。

 

【質問内容は以下の通り】
・私の地元の東京都が7月12日に緊急事態宣言の対象地域に追加されてから、間もなく3週間になろうとしているが、感染は収束するどころか拡大している。極めて遺憾であり、残念。これは西村大臣を始め、政府の皆様も同様かと思う。
・東京オリンピックでは世界から選手が集まり、感動的な熱戦が繰り広げられている。それを支えるスタッフやボランティアの皆様も大会を成功させるために懸命の努力をして下さっている。
・国民の命と健康を守り、大会を成功させ、現場で懸命に努力をする皆様の想いに応えるためには、国民の皆様の理解と協力を頂き、コロナを克服しなければならないとの認識で質問する。
① 今回の決定について、国民のなかには「またか」という思いが強い。今回の措置は当然何らかの想定と根拠に基づいて決定しているものと思う。「本当に収束出来るのか」という国民の疑問に対し、8月31日を期限としたことの根拠と見通しを示すことを求める。
② 今回の緊急事態宣言地域等の拡大と期限延長だが、現に東京都では緊急事態宣言が新型コロナウイルスの感染拡大を抑止できていないことをどのように考えるのか。又、国民の皆様が理解、納得のうえ、真に協力を頂ける新たな施策を検討するべき時と考えるがいかがか、質問する。
③ ワクチン接種は国民の大きな関心事。7月23日、総理がファイザー社CEOと意見交換をされたと承知しているが、実際にどのような意見交換がなされたのか。またその結果について質問する。
④ 新型コロナウイルス感染症の長期化により国民生活も、事業者も厳しさを増している。追加経済対策に関する報道がされているが、国民生活と事業者を下支えする、補正予算も含めた追加経済対策を早急に検討し、行うべきではないかと考えるが、大臣の認識如何。
以上

 

松本洋平Twitter

PAGE TOP